戻る 滋賀県14件
油坊(金剛輪寺)
昔、金剛輪寺から油を盗んで売っていた坊主が、謎の病気にかかりなくなった。その後、寺の総門あたりから、「油を返そう」と言いながら油壺を持って歩く黒い影が見られるようになった。
犬胴松の伝説(大瀧神社)
稲依別王命が大蛇を退治するため、愛犬小石丸と探索を続けていた。命が疲れて寝ていたとき、小石丸の吠え声で目を覚ました。小石丸の吠える理由がわからず、命は小石丸の首を跳ねたが、首は命を狙っていた大蛇に噛み付き、やがて川に消えた。小石丸が埋められたのが胴松であり、祀られているのが大瀧神社内の犬上神社、大蛇と首が沈んだのが大蛇ヶ淵と言われる。
岩船、磐座(岩船神社)
比良大神が繖山に来たとき、乗ってきたとされる岩船がある。また、菅原道真の御神霊が遷座したとされる磐座もある。
狼(菅山寺)
人に化けていた狼を見破った武士が、菅山寺まで追いかけ、討ち取ったと伝えられる。
お菊(長久寺)
孕石はらみいし政之進の侍女お菊は、恋人である政之進の心を確かめようと、家宝の皿をわざと割った。政之進は残りの皿も割り、お菊を斬り殺した。皿は供養のために修復されて寺に納められている。
お寅ヶ池
お寅という美人の娘が、池の主の大蛇に気に入られて引きずりこまれた。ここをお寅ヶ池という。お虎ヶ池のことか? 位置はお虎ヶ池のある霊仙山。
鬼(明王院)
首に縄をつけて鬼と引き合う絵馬がある。
鬼(馬見岡綿向神社)
詳細は不明だが、鬼と相撲をとっている絵馬がある。
おろち(勝部神社)
嵯峨天皇の病いを治すために、原因である大蛇が近隣の農民によって退治された。その蛇の胴が祀られた勝部神社では、1月に火まつりが行われる。これは大蛇の胴とみなした松明を燃やす祭りになっている。
寿命石(多賀大社)
平安末期、俊乗坊重源は大仏殿の再建を託されたが、高齢であった。多賀大社に参り、二十年の寿命を得た重源は東大寺を再建した。多賀大社には寿命石があり、延命を叶えるとされている。
大蛇(百々神社)
平安中期、度会橋に大蛇が現れ地元民を苦しめていた。この蛇は水面に目が映り、四眼と思われていた。通りがかった敦実親王が退治し、大蛇は百々神社に祀られている。
人魚塚
蒲生川で人魚が掴まったという記述が日本書紀にある。この人魚は三兄弟であり、東近江と和歌山にミイラがあり、残りの一体を弔うための塚であると言われている。
比夜叉池
伊吹山の麓に三島池がある。平安時代、池が枯れてしまった。この地の領主である佐々木秀義の乳母である比夜叉ひやしゃ御前が人柱となり、池には水が戻った。
竜宮の鐘(三井寺)
三井寺の「弁慶の引き摺り鐘」として有名だが、元は俵藤太が琵琶湖の竜宮で竜神からもらったもの。弁慶に奪われたときには「イノー、イノー(関西弁で帰るの意味)」と泣いたため、弁慶に蹴り落とされ、傷ついたと言われている。
情報は古い場合や誤りがある可能性があります。もし現地へ赴かれる際は、公式の観光情報などをご参考ください。