戻る 和歌山県7件
安珍・清姫伝説(道成寺)
思いを寄せた安珍が寄らずに立ち去ったため、清姫が大蛇に姿を変え、鐘の中に隠れた安珍を焼き殺したという伝説がある。
黄金の大蛇(蛇岩大明神)
黄金の蛇が横たわっていたが、僧は気にせず跨いで通ろうとした。しかし、その蛇は神の化身であり、姿を大きく、また小さくしてみせた。僧が非礼を詫びると、その姿を消した。蛇の消えた辺りの岩を蛇岩として祀るようになった。僧は弘法大師である。
小栗判官(湯の峰温泉のつぼ湯)
横山家の照子姫と恋に落ちた小栗判官は、横田家に毒殺される。閻魔大王に同情され、餓鬼阿弥の姿で現世に戻り、照子姫の助けで元の姿に戻った。このうち、湯治をおこなったのがつぼ湯と言われる。
河童(近露大橋)
日置川には河童が住んでいると言われており、河童橋とも呼ばれる近露大橋には河童の像がある。
コサメ小女郎(龍神村小又川)
龍神村にあるオエガウラ淵に住む妖怪。コサメ(魚)が妖怪化したものであり、人を食らっていた。オエガウラの詳細は不明。
天狗の手形(福勝寺)
天狗が観音様に言われ、悪さをしないと誓ったものとされる手形がある。
捻木ノ杉
安珍を追って蛇になった清姫が巻き付き、捻れさせた杉。
情報は古い場合や誤りがある可能性があります。もし現地へ赴かれる際は、公式の観光情報などをご参考ください。