戻る 徳島県3件
糸引き婆さん(光福寺)
光福寺のイチョウの木の下には、夜中に歌を歌いながら糸を紡ぐ老婆が現れる。
狼の子と大蛇(玉笠明神社)
漁師は狼の子を猟犬としたが、狼は獲物を千匹捕えると次は主に向かうと言われる。猟師は猟犬の首を切ったが、切られた首は猟師を狙っていた大蛇に噛み付いた。この大蛇を祀ったのが玉笠明神社であり、犬の墓は別のところにある。
清少納言の墓(観音寺)
清少納言がこの地に流れ着いたが、地元の漁師に辱めを受け、海に身を投げた。それを供養するために建てられたのが、あま塚であると言われている。
情報は古い場合や誤りがある可能性があります。もし現地へ赴かれる際は、公式の観光情報などをご参考ください。