戻る 茨城県14件
茨城童子
茨城童子が龍神山に住み、巾着袋に入れて人をさらうなどの悪事を行っていたが、都で酒呑童子を退治した武士が来ると聞き、逃げていった。そのときに逃げた山が鬼越山であるという。
絵馬(羽黒神社)
絵馬の馬が田畑を荒らしたため、手綱が描き加えられたとある。絵馬には手綱が確認できる。
起き上がりの松
禁漁の池で魚を獲った若者が、鉾をくわえた鳥に追われた。数日後、大風で倒れかかっていた松が誰も知らないうちに起き上がっており、その松には鉾が突き刺さっていた。鉾香取ほこかとり神社の近くにあった松は、今はない。
おとり手掛松(神之池)
不漁の時、神ノ池に鳥居を奉納すると約束したところ、魚が取れるようになった。ところが、神が鳥居と娘の「おとり」を間違えており、娘は池に引き込まれた。このときに掴んだ松がおとり手掛松と呼ばれていたが、今はない。
累の墓
数代に渡り繰り広げられた、容姿の醜さが原因による夫婦、親子間の殺人によって発生した怪異譚である累ヶ淵かさねがふち。その中で夫に殺されたとされるるいは怨霊と化し、祐天上人に鎮められた。累はこの墓に眠っている。
カッパ(手接神社)
殿様の馬が動かなくなった。河童に掴まれていたため、手を切り落とした。夜、河童が手を返して欲しいと現れたため、手を返した。河童はお礼に魚を届けに来たが、そのうち死んでしまった。手接てつぎ神社に河童が祀られている。
河童(カッパ松)
河童がいたずらをしたため、懲らしめるために括り付けたという松がある。枯れてしまったため、現在は二代目の松がある。
要石(鹿島神宮)
地震を起こすオオナマズの頭を押さえるという要石がある。水戸黄門が掘らせたが、神に止められたという話も残る。
狐女房(女化神社)
狐を助けた忠五郎という若者のもとに、娘が嫁ぎ、子が生まれた。その娘に尾があるところを子どもたちが見たため、娘は巣穴に帰ってしまった。その巣穴は「お穴」として女化おなばけ神社にある。
巾着石(萬福寺)
鬼である茨城童子が退治されることを恐れて逃げたとき、落とした巾着の根付石が残っている。
咳止めの神(車丹波守遺恨の地)
関ケ原の後、佐竹氏の家臣である車斯忠くるま つなただは、転封に抵抗して水戸城を奪回しようと試みたが、失敗。潜伏していたところで咳をしたため見つかり、捕らえられて殺された。このため、咳の神として祀られている。
大蛇(蛇穴)
藤原富得が八溝山の大蛇を退治した。現在、その蛇のいた地名は蛇穴
大蛇(腐沢)
美女や鬼などに化けて人を襲う大蛇が高笹山にいたため、須藤貞信が退治した。死体が腐って油が流れた沢を腐沢と呼ぶ。
だまされた大蛇
飯沼を干拓しようとしたところ、住んでいた大蛇に妨害を受ける。大蛇と取り決めをし、大蛇が十年間だけ霞ヶ浦に移住することになり、証文を交わした。ところが、証文の「十」の文字に書き足され、「千」となり、大蛇は千年、戻れないことになってしまった。現在、飯沼は田に変わっている。
情報は古い場合や誤りがある可能性があります。もし現地へ赴かれる際は、公式の観光情報などをご参考ください。