戻る 富山県の怪異伝承4件
馬(安居寺)
安居寺あんごじの狩野永徳が描いた絵馬は抜け出て田畑を荒らしたため、綱を書き加えたと言われる。
カワウソ大明神(円隆寺)
立山地獄の一つ、血の池の近くから如意輪観音が出土し、円隆寺に祀られている。寺の近くのいたち川には昔はカワウソが住んでいたためか、遊女たちからカワウソ大明神と呼ばれ信仰されていた。
千石の保昌どん(千石の兜杉)
平井(藤原)保昌は、大江山の鬼・酒呑童子を頼光たちと共に倒したと言われている。千石集落に移り住んでいたが、ここは今ではダムの底になっている。保昌が災いを鎮めるために兜を埋め、杉を植えたのが千石兜杉として残っている。
縄ヶ池
俵藤太が龍神からもらった龍の子を放ったのがこの辺り。しめ縄を張った部分が一夜にして池となったのが縄ヶ池と言われる。
情報は古い場合や誤りがある可能性があります。もし現地へ赴かれる際は、公式の観光情報などをご参考ください。