戻る 青森県5件
愛馬の死(蒼前神社)
藤原有家ふじわら の ありいえは、平氏方の貴族であり、壇ノ浦の戦いに破れ、愛馬「白馬龍」に乗って北陸までやってきた。観音様の導きで西へと進んだが、当地で力尽きた白馬龍を供養した。それが蒼前神社である。
海豚の参拝(諏訪神社)
諏訪神社の祭日にはイルカが参拝したという話がある。
占場
南祖坊入水の場としても知られる。金や米などを投げ入れ、叶う場合は沈むが、かなわない場合はどんな重いものでも浮かんで流れるという。現在、立ち入りが禁止されている。
青龍権現(十和田神社)
熊野で修行した山伏が、八郎太郎という大蛇を追い出し、青龍として十和田湖の主になった。今でも青龍権現は十和田神社に祀られている。
大蛇(ホロド沼)
ホロド沼には大蛇が住んでおり、婚礼に行く姫を飲み込んだ。殿様は怒り、誘い出して鉄砲で撃った。その後、村人に追い詰められて大蛇は殺されたが、角を折られた角柄折、胴を切られた道仏など、退治にちなんだ地名が残る。示しているところは大蛇おおへび
情報は古い場合や誤りがある可能性があります。もし現地へ赴かれる際は、公式の観光情報などをご参考ください。