若き源頼朝に挑んだ侍を祀る塚

これは妖怪DBには無いものです。

滋賀県の守山にある源内塚。源内兵衛真弘という武士を祀ったもの。
内容は、平治物語に記述があります。

平治の乱に破れて都落ちした源義朝一行。居眠りをし、はぐれた頼朝。平氏方の侍である源内含めた数名に取り囲まれます。

しかし、頼朝が持っていたのは源氏の名刀髭切。かつて鬼の腕を切り落としたということで鬼切とも呼ばれる刀です。RPGで言えば、エクスカリバー装備の勇者に挑んだ一般人みたいなもの。見事に一刀両断された源内さん。哀れんだ村人に埋葬されたのがこの塚になります。

こちらが塚。前にある丸い石は重さで願い事が叶うかどうか分かる石
説明書

実はその時に頼朝に腕を切られた侍も居るのですが、そちらは名前が残っていません。

源内さんも手柄が欲しかったんでしょうが、相手が悪すぎました。手を出しさえしなければ、名も無き武士として地方で余生を送れたのでしょうが、討たれたことで後世に名を残すことはできたことになります。

それが名誉あるものかは分かりませんが。当人によってどちらが良かったのでしょうか。

滋賀県の怪異をまとめたのはこちら
怪異・妖怪地図 - 滋賀県

今回の場所はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です